• ハースト婦人画報社
    ELLE JAPON(エルジャポン) 2019年05月号
    ELLE JAPON(エルジャポン) 2019年05月号 ELLE JAPON(エルジャポン) 2019年05月号

    3月28日発売のエルジャポンに、ビューティーケアスポット パワーマグネット表参道が紹介されました。
    発売後、沢山の方に興味を持っていただけたようで、スタッフ一同お客様の健康美を支えられるよう
    頑張って施術しています。


    小顔、小尻、不調解消をかなえる、女性のための次世代整体 整体といえば骨を動かすイメージだが、不思議な磁石を使った次世代整体&美容矯正があるという情報をキャッチ。そしてこれまであきらめていた体悩みまでにアプローチするという・・・・・・ 果たしてその実態は?

    原稿作業が続くせいか体の歪みによる不調が深刻。 いい整体を探していたときに目にしたのが「パワーマグネット整体」だ。こちらは特殊な磁石からなる器具を使用した整体で、手の施術では届かないインナーマッスルの奥まで短時間でほぐすことができるという。開発者で施術者の鈴木マミさんによると「パワーマグネットを足にのせるだけで血流が促され、ぽかぽかしてきます」とのこと。当てながら施術することで、深部の毛細血管の血流を促し、自律神経や体中の神経の滞りまで解消できるというから興味深い。さらに「痛みやコリなどの原因はその場所にあるわけではありません。実はほとんどの原因は足元の歪みなんです」と断言。足病学に基づいた治療法を取り入れることでより効果をあげていく。まずはBeforeの写真を取り、足首のチェック。 「足首の歪みがひどいですね。そのためヒザが引っ張られてスネの外側が張っています。さらにヒザの歪みが骨盤を引っ張っています。こういった歪んだ状態で歩いたり、運動をするとどんどん歪みが進行してしまい、癒著の原因となります。パワーマグネットではこの癒著をはがしながら歪みを正し、詰まりによる不調のない体を目指します。」“癒著”とは本来分離しているはずの臓器や組織面がくっついてしまうこと。 歪みにより内臓や組織に過度な圧力がかかることが原因と言われている。 私もこれまでに幾度となく“癒著はがし”の施術を受けたことがあるが、痛いのなんの。・・・・・・今回も覚悟を決めた。

    いよいよパワーマグネットを使用した施術に。ふたりがかりで左右の足に同時にぐりぐりと当てていく。特に足首がメインだ。「この距骨という部分が歪んで落ち込んでいると、ここが引っ張られて詰まり、足先の血流も悪くなるんです」とところどころで鈴木さんの解説が入る。マグネットを当てられている感じはほとんど違和感なく、指で施術をされているかのよう。癒著のあるところは痛みを感じるところもあるが“イタ気持ちいい”くらいで、これまで受けた“癒著はがし”に比べたら雲泥の差。むしろ気持ちいいところさえある!足の前面背面の施術が終わった後は鈴木さんおひとりによる施術に。 時に横向きになったり、四つん這いになるなど、これまでに受けたことのない技の数々。「足が原因で骨盤が広がってます。そのために内臓が落ち込んでおなかが出やすくなっていますね。」と恥骨まわりまでアプローチ。そして癒著がひとつはがれるごとに、なんともうれしそうな鈴木さん。「足首から徐々に上に向かって歪みと癒著を取り除くことで、本来の骨格を取り戻すことができます。胸が開いて首の位置が変わり、肩の負担もなくなり、顔のむくみもすっきりしますよ。」話を聞きながら自分の体の変化を実感すればするほど、諸悪の根源が足首にあったのだと実感!

    そしてAfterの私は見事別人に。お尻が小さくなり、骨盤を正しい位置に戻して腰幅が狭くなったおかげでぽっこりおなかも軽減!胸が開いて首の位置まで変わって小顔に!悩まされていた肩コリや腰痛も楽になり、体がポカポカだ。「この体を定着させるためにも、ご自宅でも気を付けてくださいね」と簡単なエクササイズも最後に伝授してくださった。悩みによっては子宮や乳腺まわりの施術も集中的に行ってくれるという。女性の体の健康と美を真から願っている姿勢に心を打たれた。